30代仕事探し|成功するための徹底ナビ

*

転職が本当に最善策?!

   

①転職をすれば問題が解決できるのか考える

 誰でも一度くらいは転職を考えたことがあると思います。ただ漠然と「他の仕事をしてみたい」と思っている人、上司との相性が合わずに会社を辞めたいと思っている人、理由はさまざまでしょう。

 では、転職をすると本当にその問題は解決できるのでしょうか?例えば人間関係で悩んでいて、転職したいと考えている人。転職したからと言って、人間関係の問題が解決するとは限りません。30代となると、転職先では即戦力を求められるうえに、一から人間関係を築かなくてはなりません。

 転職先にまた同じようなイヤな上司がいるかもしれません。環境を変えることも解決方法の1つですが、自分を変える努力をすることも大切です。自分の言動を振り返ってみて、考え方を変えてみると人間関係を修復できる可能性もあるのです。それでもどうしても環境を変えたい時は、転職先で同じことにならないように、自分を変えるチャンスと前向きに考えましょう。

 また仕事にやりがいを感じないなど、仕事に対しての不満がある人は、転職をする前にスキルをもっと磨いたり資格を取るなど、もう少し現状を変えることができないかよく考えてみましょう。

②「転職ぐせ」がつく人の特徴とは?

 何度も転職を繰り返す人には、共通して「忍耐力」「協調性」に欠けるという特徴があります。転職ぐせがついてしまうと、どこかで「我慢できなかったら辞めればいい」という気持ちがあり、転職することに抵抗を感じなくなってしまいます。

 しかし30歳を過ぎて転職を繰り返していると、どんどん条件は厳しくなっていき、採用されたとしてもまた新しい仕事を一から覚えなければならなく、そう簡単なことではありません。

 家族を養っている人、これから養っていく人もいるでしょう。次に転職する会社が最後という覚悟を持って臨まなければ、また同じことの繰り返しになってしまう可能性があります。

 「もっと自分に合う仕事があるはずだ」「こんな会社で一生終わりたくない」と理想を追い続けることも良いですが、どこかで折り合いをつけることも大切です。転職ぐせがつかないように、次の転職先は十分に調べて自分に合うかどうかきちんと見極めましょう。

 - 自分に合った道を見つける

  関連記事

自分に合う会社の見付け方

①自分に合う会社の選び方  30代で仕事探しをするときには、自分の将来のキャリア …

数十年先まで考えながら仕事探しをしてみよう

1.転職で何がしたいのかを考える  誰だって生きているうちは、その先に道が続いて …