30代仕事探し|成功するための徹底ナビ

*

具体的な円満退社の方法

   

①円満退職って何?
 円満退社をしたいと思っている人にまず知ってほしいのは、円満退社とは何かということです。そもそも円満退社が具体的にどんなものかということを把握していなければ、自分が理想とする円満退社が正しいものかどうかという判断ができません。満足した形で円満退社をするためには、まず円満退社とはどんなものかを知ることです。

 円満退社とは、これまで働いてきた会社を、双方ともに納得して不満がない状態で、しっかりとした引き継ぎを完了させて退職することです。つまり、自分では円満退社だと思っていても、会社はもちろん、上司が納得しない形での退職となった場合には円満退社とは言えません。そして逆に、自分が納得しない形での退職というのも円満退社とは言えません。円満退職をするためには、双方の意見を合わせて考えて、両方の意見をすりあわせていかなければなりません。

②円満退職をするための順序とは?
1.自分の退職意思の確認と、いつ辞めたいのか退職予定日を定める
 あらかじめ退職予定日を考えておくことで、曖昧な意思の状態での上司に報告してしまうことを避けます。曖昧な状態での報告は混乱をまねくだけで、円満退職とはほど遠くなってしまいます。

2.直属の上司に退職の意思を伝えて退職日の相談をする。
 ここで実際に上司に相談し、実際の退職予定日を決定します。この段階が1番円満退社となるかどうか分かれ道となる部分です。いくら早く辞めたいからいって、自分の意見を無理に通したり、上司に言われるがままになってりしてはいません。自分の意見をしっかりと伝え、上司の意見もできるだけ取り入れる形にしましょう。

3.業務の引き継ぎ、退職願の提出。
 実際に引き継ぎ者へ業務を引き継ぎます。この段階も重要です。業務内容を明確にしてしっかりと引き継がないと、引き継いだ人が困ってしまいます。自分が辞めてしまった後に業務に支障が出てしまったら、それもまた円満退社とは言えません。

4.取引先等へのあいさつ。社内でお世話になった人への挨拶。
 退職前には挨拶回りも大切です。社内のお世話になった人への挨拶はもちろん、取引先にもこれからは引き継ぎの者が担当するということを、しっかりと話を通しておきましょう。

 - 退職時のマナー

  関連記事

no image
退職前にすべき手続きを確認

①退職前にすべきこととは?  30歳で転職のための仕事探しをする際、忘れてはいけ …

上司への相談はタイミングが大事

①上司へ相談や報告はいつすれば良い?  円満退職をしようと考えたら一番大切なのは …