30代仕事探し|成功するための徹底ナビ

*

上司への相談はタイミングが大事

   

①上司へ相談や報告はいつすれば良い?
 円満退職をしようと考えたら一番大切なのは上司への報告のタイミングです。上司への報告のタイミングを間違ってしまったら、円満退職への道は遠のいてしまいます。まず注意してほしいのは、思い立ったらすぐに報告してしまってはいけないという点です。思い立ってすぐに報告してしまえば確かに最短で辞められるかもしれません。ですが、それでは上司の反感をかったままの退職となってしまいます。

 上司への報告をする前にまず退職予定日を考える必要があります。会社の繁忙期や人員が不足するような時期を避けた退職予定日を考え、そこから逆算して2ヶ月程度の余裕をもって退職の意思表示をしましょう。会社の繁忙期をさけることで、上司を必要以上に困らせることもなくなります。2ヶ月前というのもポイントで、本来は1ヶ月前に退職の意思表示をすれば退職は可能ですが、余裕をもって2ヶ月にすることで、より上司に安心感を持たせて相談することができます。

②上司へ相談・報告する際の注意点とは?
 退職の意思を相談する時の注意点としては、キチンと会社の都合や上司の意向も聞き入れることです。すべて聞き入れる必要はありませんが、できるだけ上司の都合にも配慮した形にしなければなりません。しかし、上司に引き留められてしまうこともあります。今までお世話になってきた上司の引き留めとなると断りづらいものですが、その部分だけは折れないようにしないといけません。引き留めに応じない強い意志は必ず必要です。また、もし上司が受け入れてくれないなら、人事に相談することも大切です。受け入れられないからといって、決して諦めてしまってはいけません。

 また、退職理由を上司に言う必要も出てくると思います。退職理由も、会社に不満があるのが本音だったとしても口に出してはいけません。上司の気分を害してしまううえ、その不満の部分を改善されるような提案をされてしまうこともありえます。例えば、部署が嫌なら他部署へ移動だったり、給料の引き上げ等の可能性もあります。また、その職場にいる同僚や上司の人からしても、不満をもって退職するなどということを聞いたら良い気分にはならいでしょう。円満退職をめざすなら、絶対に不満を退職理由にしてはいけません。

 - 退職時のマナー

  関連記事

具体的な円満退社の方法

①円満退職って何?  円満退社をしたいと思っている人にまず知ってほしいのは、円満 …

no image
退職前にすべき手続きを確認

①退職前にすべきこととは?  30歳で転職のための仕事探しをする際、忘れてはいけ …