30代仕事探し|成功するための徹底ナビ

*

どの転職サイトを選ぶべき?

   

1.転職サイトの種類とサイトを選ぶポイントとは?
 30代の仕事探しの強い味方となってくれる転職サイトの数々。「数々」というからには色々なサイトがあるのですが、サイトだけではなく、そもそも転職サイトには幾つかの種類に分類することができます。

 どれを選ぶのかによって仕事探しや転職活動にも少なからず影響を与えるでしょうし、30代の仕事探しの強い味方ではなく、頼りない味方になってしまうかもしれないので、転職サイトの種類と、どれを選ぶべきなのか、そのポイントを事前に押さえておきましょう。

 転職サイトは大きく分けると2種類。ひとつは、求人情報を掲載し、ユーザーがそれを閲覧できるシステムのサイトです。これは、それぞれの求人をチェックし、それぞれを自らの知識と感覚で判断した上で、自ら応募するのが基本の形。

 行動力がある人であればこの手の転職サイト(データベース型などと呼ばれることが多い)でも十分仕事探しに役立てられるでしょう。このデータベース型の転職サイトは、

 さらに求人情報がただ掲載されているだけのものや、自らの情報を登録することで求人情報とのマッチングを行ってくれるなどのサービスが受けられるサイトなどに細分化することが可能。どのサイトがどのようなサービスを行っているのかをよく知ること、それが選ぶポイントとなるでしょう。

 もうひとつは、人材紹介会社と呼ばれるような、エージェント型の転職サイトです。これはデータベース型と同様に求人情報の掲載もありつつ、しかし多くはキャリアコンサルタントやアドバイザーなどの紹介によって企業の情報を得ることができる仕組みになっています。

 これらのコンサルタントやアドバイザーはユーザーが転職するまで責任を持って寄り添ってくれるため、初めての転職で不安だったり、30代の転職の仕方がわからなかったりなどする人にはうってつけ。非公開求人の存在も魅力のひとつ。

 もし、自分に合った転職先を選択する自信がない、余裕がない、そう思っているのであればこのエージェント型の転職サイトを積極的に活用すべき。自分のアピール力や能力そのものに自信がない人もエージェント型を選ぶべきでしょう。

 データベース型はどの求人情報も競争力が高い傾向があるため、それを勝ち抜くのはなかなか難しいもの。しかし逆に、自分に自信があるからこそエージェント型で条件の良い非公開求人を紹介してもらえるメリットもあります。また、それぞれの転職サイトは細かなサービスやコンサルタントの差に違いがあるため、複数を同時に活用するところから始めるのもサイト選びの際のポイントとなるでしょう。

 - 転職サイト活用術

  関連記事

no image
応募フォームの記入のコツを押さえよう!

①応募フォームの記入のコツとは?  30代で効率的に仕事探しをしようと考えるなら …

no image
仕事探しの軸をどこで見つける?!

①新聞や情報誌を活用した転職活動と転職サイトを活用した転職活動の違いとは?  3 …